Blog&column
ブログ・コラム

建具の歪みを直すには?

query_builder 2022/07/01
コラム
25
「建具が動きにくい」とお困りではありませんか?
そこで今回は、建具の歪みを直す方法について解説していきます。

▼建具が動きにくくなる原因
建具が動きにくくなるのは、以下のような原因によります。

・建物自体の歪み
・取り付けネジの緩み
・木材の伸縮によるもの
・レールやローラーの破損

▼建具の歪みを直す方法
建具の歪みは以下の方法で直しましょう。

■ドアのガタつきやこすり
ドアのガタつきやこすりが発生している場合は、丁番(ちょうつがい)のネジが緩んでいる可能性があるので、締め直してみましょう。
これでも直らない場合は、上下左右を調節するネジを回し、ドアの位置を調節します。

■引き戸の動きの悪さ
引き戸の動きが悪い場合は、まずは引き戸を外します。
引き戸を上に持ち上げてから手前に引くと外れます。

引き戸の下やレールを雑巾などで掃除し、ローラーが破損していないかチェックします。
破損している場合は交換が必要ですよ。
引き戸同士のこすれがある場合、調節ネジが付いている引き戸であれば、ネジを調節するとこすれが解消します。
それでも問題が解消しない場合は建物が傾いていたりする可能性があるので、工務店などに調査を依頼すると良いでしょう。

▼まとめ
建具はさまざまな原因で歪みを起こします。
自分で調節できる場合は自分で調節し、建物の歪みなど専門的なことは工務店など専門家に相談してみてくださいね。
和歌山県日高郡の金沢屋印南店では、ふすまや障子網戸の張替えを行なっております。
「ふすまや障子の動きが悪い」という場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • ブログを始めました

    query_builder 2022/03/24
  • 障子が破れたときの対処法について

    query_builder 2023/02/01
  • 障子の特徴について

    query_builder 2023/01/15
  • 障子の貼り方のコツについて

    query_builder 2023/01/01
  • 障子の張替えの全体的な流れについて

    query_builder 2022/12/15

CATEGORY

ARCHIVE